新型コロナウィルス情報(covid-19)

アップルとグーグル共同開発!コロナ濃厚接触者をアプリで通知!

4月10日にアップルとグーグルはスマートフォン(スマホ)の近距離無線通信規格であるBluetooth(ブルートゥース)を使い、新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発すると発表した。

どのようなシステムなのか?

両社の発表によると、この技術は感染者と接触したユーザーにスマートフォンが自己隔離を勧める仕組みで、コンタクトトレーシングと呼ばれる。検査で陽性と診断されたユーザーは、そのデータをアプリに入力すると、過去数日間に接近した他のユーザーに通知が送られる。この期間は14日間に設定することも可能だが、それは公衆衛生当局が決める。

近距離無線通信規格であるBluetooth(ブルートゥース)を使用し、周辺のスマホを検知し互いの識別情報を端末に保存する。新型コロナウィルスが見つかった場合に感染者の同意が得られれば過去14日間に蓄積した近隣の識別データがクラウドに送られて濃厚接触の可能性がある方に通知が届くとういうシステムです。

日本でも使えるの?

5月に第1弾となる機能を各国の公衆衛生当局向けに提供を始める。ただ、日本の場合プライバシーの問題もあり対策を考えている。

ABOUT ME
にゃんこ太郎
にゃんこ太郎
オトコノートの中の人。 WEB制作会社を経て、今は実家で家業をしています。ブログは気になったことや役立ちそうな情報などを配信中!