ワードプレス

3日間で完成!本格的なホームページを低予算で作る方法!

みなさんホームページ(Webサイト)を作るのって、
お金もかかるし時間もかかるし大変って思いますよね?

実は低コスト低予算(1万~3万くらい)でできちゃうんです。

しかも、3日間で完成しちゃいます!

ホームページを作りたいとき、みなさんはどうしますか?

たぶんほとんどの方が制作会社に頼むと思います。

けど、制作会社に頼んだら制作費で
20万~100万くらい費用がかかってしまう可能性があります。
また、制作日数も結構かかってしまいます。

さらに、ホームページが出来上がったとしてもお知らせなど更新する度に、
制作会社にお願いするケースもあると思います。

しかし、今は制作会社に頼まなくても
お洒落でハイクオリティなサイトができてしまう時代なのです!

ホームページを無料で作る方法もあります!

「Wix(ウィックス)」「Jimdo(ジンドゥー)」のように、
無料で簡単に作れる方法もあります。

ただ、これらのウェブサイトビルダーは下記のような様々な問題があります。

  1. ページの読み込みに時間がかかることがある。
  2. 表の作成がやや困難である。
  3. 英語ではかっこいいが日本語にすると一気にダサくなる。
  4. 独自ドメインやアクセス解析は有料版になる。
  5. WEBサービスが何らかの形で終了した場合にサイトごと消えてしまう可能性がある。
  6. 自社のサイトとは関係のない広告が表示される。
  7. サポートの対応がイマイチ。
  8. 解説サイトも少ない。

無料でそれなりのページは作れますので、
とにかくホームページ(Webサイト)を作りたいという方はいいかもしれせん。

わたしは同じサービスでも有料になってしまいますが、「グーペ」をおすすめします。


ホームページ作成サービス「グーペ」

それではこのようなサービスではなく
「本格的なホームページを低予算で作る方法」の説明を始めたいと思います。

ホームページを作る前準備

まず、はじめに必要なものがこちら

前準備で必要なもの
  1. レンタルサーバーとの契約
  2. 独自ドメインを作る

つまり、まずは土地を買い住所をつくるみたいなもんです!

レンタルサーバーが「土地」、ドメインが「住所」と覚えてください。

【1日目前半】レンタルサーバーとの契約

様々なレンタルサーバーがありますが、わたしは「エックスサーバー」をおすすめします。

おすすめする理由
  1. 比較的安くサーバーの速度と安定している。
  2. コスパがいい。
  3. SSLが無料で使える。
  4. ワードプレスが簡単に導入できる。
  5. 【X10プランの場合】キャンペーンでドメインが無料で貰える場合がある。(キャンペーンを確認してください。)【X20プラン・X30プランの場合】プレゼントでドメインが貰える。

X10プラン

費用は12ヶ月契約の場合

初期費用 3,000円
ご利用料金 1,000円×12ヶ月
合計 15,000円(税込16,200円)

になります。小規模サイトならX10プランで十分です。

1ヶ月1,000円で使うことができます。
契約日数を長くするほど、月額費用が安くなります。

制作会社に頼むにせよサーバーは必ず必要になります。
エックスサーバーならまず間違いないです。

契約の仕方

では、さっそくエックスサーバーと契約します。
エックスサーバーの公式ページに下記のボタンから入ります!

こちらからエックスサーバーの公式ページへ

サーバーの申し込み


右にある「お申し込みはこちら」のオレンジボタンをクリックし入ってみましょう。


「サーバー新規お申込み(無料お試し10日間)」ボタンをクリックします!

  1. 好きなサーバーIDを決めてください!好きな英数字でオーケーです。
  2. プランを選択します。プランはお任せします。
  3. メールアドレスを入れます。登録完了や契約更新など各種ご案内の通知先となりますので、必ず確認ができるメールアドレスを記入しましょう。
  4. 個人か法人か選んでください。

「利用規約」に同意にチェックいれ、「お申し込み内容の確認」ボタンをクリックします。

確認画面ページにいきますので、間違いがないか確認をし、「お申し込みをする」ボタンをクリックします。

申し込み完了画面になり、登録したメールアドレスに各種設定(ID、パスワード)などが送られますのでそちらを確認します。

エックスサーバー管理画面に入ります

メールが届きますので、まずはそちらを確認します。

ログインしましょう!

メールで届いた会員IDとパスワードでログインします。
https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

料金の支払いを設定しましょう!

料金の支払いを済ませましょう。

「料金のお支払い」をクリックします!

次に、支払いをするサーバーにチェックをいれて、期間とお支払い方法を選びます。

お支払い方法は「銀行振込」「クレジットカード」「コンビニ払い」「ペイジー」が選択でき、クレジットカード決済だと「自動更新」ができます。
クレジットカード決済がおすすめです。

クレジットカードがおすすめな理由
  1. 手数料がかからない。
  2. 自動引落しによる自動更新ができる。
  3. すぐに利用を開始できる。

また、領収書については

領収書について

エックスサーバーの運営会社から直接領収書を受領することはできませんので、各機関の明細書などが領収書の代わりになります。法人の場合でもし事業用のクレジットカードではない場合は「コンビニ払い」「ペイジー」がおすすめです。

お試し期間中は制限される機能があります。

お試し期間中に制限される機能
  1. メールアカウントの作成
  2. その他プログラムを用いたメール送信全般
  3. 追加FTPアカウントの作成

エックスサーバーから料金お支払いが確認でき次第、
「お支払い確認のお知らせ」がメールできます。
お支払い確認メールが届き次第、正式にご利用が可能になります!

お支払いが終わりましたら次にドメインの設定に移ります!

【1日目後半】ドメインの作り方

いよいよにホームページ利用するドメインを申込み、サーバーと紐づけます。

ドメインを申し込もう!

エックスサーバーで
「X10プラン」のキャンペーンドメイン期間中にご契約の場合は、
管理画面の左側にある「各種お申し込み」の「キャンペーンドメイン」からドメインを取得できます。

「X20プラン」「X30プラン」ご契約の場合は、
管理画面の左側にある「各種お申し込み」の「プレゼントドメイン」からドメインを取得できます。

それ以外の場合は下記からドメインを取得しましょう!

左側の「契約関連」の中の「追加の申し込み」をクリック します。
次に、「同意する」ボタンをクリックします。

他の人が使っていないドメインであれば、「この独自ドメインは申し込むことが可能です!!」と出ます。「〇〇〇〇〇を申し込む」ボタンをクリックします。

「お申し込み内容の確認」ボタンをクリックします。

その後は、「料金のお支払い」ボタンをクリックします。
サーバーの時と同様に、支払いをするドメインにチェックを入れて、期間とお支払い方法を選びます。

手続きが完了すると、ご契約一覧のドメインパネルにドメインが表示されます。

ドメインを反映させよう!

次は、サーバーと先ほど取得したドメインを紐づけます。
つまり、土地に住所を付ける作業をします!

ご契約一覧のサーバーの「サーバーパネル」で「ログイン」ボタンをクリックします。

ドメイン名に「.com」などを含めたドメイン名を入力し、「無料独自SSLを利用する」チェックをいれ、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。


確認ができたら、「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックします!
これでサーバーとドメインの紐づけが完了しました!

ただし、正常にインターネットに反映されるには数時間~24時間程度かかります。

ここまでで家(ホームページ)を建てる土台(サーバー+ドメイン)が完成しました!
ホームページ完成を100%だとすると、60%くらいまでできました!

【2日目】ワードプレスをインストールしよう!

サーバーとドメインが用意できたら、
いよいよ土地に家(ホームページ)を建てていきましょう!
まずは、家の前に骨組み(ワードプレス)を入れます!

ワードプレスとは?

WordPress(ワードプレス)は
無料で使えるブログソフトウェアです!

ブログとしての機能やページを更新するための仕組みが組み込まれているので、
サイトの制作・更新が管理画面の中でできてしまいます。
単にブログ利用だけではなく、企業サイトなどにも多く取り入れられています。

つまり、WordPress(ワードプレス)とは、
「サイト運営を劇的に簡単にしてくれる無料のソフトウェア」です。

「ワードプレス」ってほんとスゴイんです!

ワードプレスをインスールしてみましょう!

エックスサーバーならこのワードプレスが簡単に導入できちゃいます!

サーバーパネルを開き、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

ワードプレスをインストールするドメインを選択します。

  1. インストールするドメイン。
  2. 基本的には空白で大丈夫です。ワードプレスをトップページに直接反映したくない場合は「wp」などディレクトリで分ける場合もありますが、少し設定など難易度が上がるので、直接インストールしてしまいましょう。
  3. サイト名をいれます。
  4. 好きな英数字(ワードプレスの管理画面に入るときのログイン用のIDになります。)
  5. 好きな英数字(ワードプレスの管理画面に入るときのログイン用のパスワードになります。)
  6. アップデート情報などが届くメールアドレス。
  7. 「自動でデータベースを作成する」にチェックします。

「インストール(確認)」ボタンをクリックします。
確認したら「インストール(確定)」ボタンをクリックし完了です。

「WordPressインストールが完了しました。」とでますので、
必ず、その下に書かれている文章をすべてコピーし、メモ帳か何かにペーストし大切に保存してください。

WordPress(ワードプレス)の「ID」「パスワード」、MySQLの「データベース」「ユーザー」「接続パスワード」は、必ずメモ帳などに控えておきましょう。

ここまでで70%まで完成しました。

ワードプレスにログインしましょう!

それでは、先ほど保存したメモ帳を開き、

http://〇〇〇〇〇〇/wp/wp-admin/
からアクセスし、以下の情報でログインしてください。
ID: 〇〇〇〇〇〇
PASSWORD: 〇〇〇〇〇〇

設定したIDとパスワードでログインします。

ワードプレスに独自SSLを設定します。

Google(グーグル)さんが推奨している「独自SSL」を導入するための設定をします。
検索にも有利になります。

独自SSLにするためにすること
  1. ワードプレス側での設定
  2. .htaccessの設定

ワードプレス側での設定

ワードプレスの管理画面にログインします。

「設定」項目の「一般」をクリックします。

  1. WordPressアドレス(URL)
  2. サイトアドレス(URL)

の「http」の部分を「https」に変更します。
「http://〇〇〇〇〇〇.com」から「https://〇〇〇〇〇〇.com」に変更します。

そして、ページ下部にある「変更を保存」青っぽいボタンをクリックすれば完了です。

.htaccessの設定

エックスサーバーのサーバーパネルに入ります。

ドメインを選びます。
最初は「使用前のご注意」のタブが開いているので、「.htaccess編集」にタブを切り替えてください。

「# BEGIN WordPress」の直前に上記コードを貼り付けます。
問題がなければ「.htaccessを編集する(確定)」ボタンをクリックして完了です。

ここまでで80%まで完成しました。

【3日目】ワードプレスのテーマを適用しよう!

ワードプレスのテーマを決めよう!

テーマとは?

「テーマ」というのは、サイトの「テンプレート」のようなものです。
テーマを適用すれば、ほぼサイトの形が出来上がります。
つまりテーマとはデザインされた家(ホームページ)のテンプレートなのです。

テーマを適用したら、ロゴや画像や文章などを
ワードプレスの管理画面から設定して、サイトを完成させていきます。

「テーマ」は無料テーマと有料テーマがあります。
わたしは有料テーマをおすすめします。

企業サイトなどは「TCD」のテーマがおすすめです!

TCDは有料のワードプレステーマです。低予算でクオリティが高いWEBサイトが簡単に作れます。業種も企業サイト、喫茶店、カフェ、美容、美容室、保育園(幼稚園)、ポータルサイト、病院、歯科医院(歯医者)、クリニック、旅館、寺院(お寺)、神社、和食レストラン、呉服屋など様々な業種のテンプレートがあります。

WordPressテーマ「BIRTH(TCD057)」 WordPressテーマ「KADAN(TCD056)」 WordPressテーマ「BEAUTY (tcd054)」 WordPressテーマ「GENSEN(TCD050)」 WordPressテーマ「MAXX  (TCD043)」 WordPressテーマ「VOGUE(TCD051)」 WordPressテーマ「SKIN(TCD046)」 WordPressテーマ「STORY (TCD041)」 WordPressテーマ「Avalon (tcd040)」 WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」 WordPressテーマ「AGENT (TCD033)」 WordPressテーマ「SWEETY (TCD029)」 WordPressテーマ「OOPS!(TCD048)」 WordPressテーマ「BLOC(tcd035)」 WordPressテーマ「IZM(TCD034)」 WordPressテーマ「MONOLITH  (TCD042)」

様々な業種のテンプレートがあります。
しかも、下手に制作会社に頼むよりも正直クオリティが高いです!
また、お知らせなど更新もワードプレスの管理画面内からできるので、
更新が簡単に自分でできます。

サイト制作で困った時は「TCD」かな!随時更新中!WEBサイト(ホームページ)制作には断然「TCD」がおすすめです。有料ワードプレステーマ「TCD」は低予算でクオリティが高いWEBサイトが簡単に作れます。業種も企業サイト、喫茶店、カフェ、美容、美容室、保育園(幼稚園)、ポータルサイト、病院、歯科医院(歯医者)、クリニック、旅館、寺院(お寺)、神社、和食レストラン、呉服屋など様々な業種のテンプレートがあります。ぜひ、これからWEBサイト(ホームページ)を作りたいと考えている方はこちらをご参考になさってください。...

ブログやアフィリエイトなどは「JIN」のテーマがおすすめです!

ちなみにこのサイトも「JIN」のテーマを適用しています。

「JIN」はスタイルをインポートすれば、着せ替えができるので、様々なデザインに変更することが簡単にできます。

JIN(ジン)公式ページはこちら

評判が良いワードプレステーマ「JIN(ジン)」を使ってみた!月収100万円を超えるアフィリエイターひつじさんとWordPressテーマ開発者の赤石カズヤさんで共同開発されたワードプレステーマ「JIN(ジン)」を使ってみました。使ってみた感想をまとめましたので、これから有料ワードプレステーマの購入を考えている方はこちらをご参考になさってください。...

テーマを購入しダウンロードしよう!

ワードプレスのテーマを購入すると、
そのテーマの「テーマダウンロードURL」「ご購入後の設定方法」などのマニュアルがメールで送られてきます。

「TCD」の場合

「JIN」の場合

テーマを適用しよう!

ワードプレスにログインし「外観」から「テーマ」をクリックします。

「新規追加」ボタンをクリックし、「テーマのアップロード 」をクリックします。
「ファイルを選択」でダウンロードしたテーマを.zipのまま選択し、「今すぐインストール」のボタンをクリックします。

無事インストールが完了すれば、テーマに追加されます。
あとは適用したいテーマを選択し、有効化すればテーマが適用されます。

各テーマのマニュアルに沿って設定を行います。

テーマを有効化し、
テーマのマニュアルに沿って設定をすれば、
ホームページ(WEBサイト)の完成です!

まとめ

おつかれまでした!
どうでしたか?3日間でできましたか?

テーマは自分でカスタマイズなどもできますので、
少し時間をかけて、いろいろカスタマイズしても面白いです!

テーマを有効化した後の設定やカスタマイズなど、
また書きたいと思いますので、
その時はまたご覧になってください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

エックスサーバーの公式ページはこちらから

ABOUT ME
にゃんこ太郎
にゃんこ太郎
オトコノートの中の人。 WEB制作会社を経て、今は実家で家業をしています。ブログは気になったことや役立ちそうな情報などを配信中!